輪島のぱんバカ日誌

ベイビー一家、名古屋をゆく。其の二

さあ、このツアーのメインである知人の、ご自宅へ無事に到着して嫁は約二年ぶりの再会、僕は5、6年ぶりの再会を果たしました。相変わらずエネルギッシュな方で、身体中からパワーを放っていました。そして少しゆっくりさせて頂いて、旦那さんが勤めているパン屋さんへと向かいました。
旦那さんが勤めている会社は、オーガニック食材などを扱う店舗、オーガニックの材料を使用しているパン屋さん、オーガニック料理を提供しているカフェ。と三つの業態を構えておられるようです。

最初に伺ったのがこちらです。
名古屋市名東区一社 「Sonne Garten」
b0189926_15165969.jpg
b0189926_15171526.jpg

こちらは名古屋近郊の契約農家と自営農場からオーガニック野菜や、無添加食品から日用品、書籍を扱うお店です。店内の写真はありませんが、とーってもゆる~い空間です。土が付いたままの野菜や、見たことないような食品などが所狭しと並べられていて、個人的にはテンションが上がる空間です。そしてオーナーさんが、これがまた何とも柔らかい空気の方でして、人柄がそのまんま店舗に滲み出ている感じなんですよね。そしてオーナーさんは本当に野菜がお好きなようで、まったく無知の僕に「野菜」とは!というお話を熱く熱く語って頂きました。さっきまでゆるかった空気が野菜の話になると熱が入ってきて、どんどん深い話にシフトチェンジしていきました。あれ?ここで半日使うんじゃないんかなっていう勢いでしたよ(笑)さあ、そしてこのお店から数十メートル先にあるカフェに移動です。
「オーガニック カフェ ポランの広場」
b0189926_1540225.jpg
b0189926_15403141.jpg
b0189926_1541797.jpg
b0189926_15414072.jpg
b0189926_15421772.jpg

やはりとっても優しい空気の店構えです。
b0189926_15443729.jpg

葛餅プリン あぁぁぁぁ優しい。弱りきった五臓六腑に優しく「お疲れ様」と語りかけて下さいます。
b0189926_1547787.jpg

名前を失念!!でも何もかも優しいお茶です。
b0189926_15495888.jpg

米粉の苺ロール 卵不使用とは思えない程の仕上がりです。米粉も程良くお米の食感も残っていて好印象です。機械的ではなく、人の手が加わっている感が非常に伝わります。
b0189926_1554116.jpg

お豆腐のベイクドチーズケーキ  こちらも豆腐の風味、食感がしっかり残っています。最近よく見る、取り合えず使用しました商品とは歴然の差です。
b0189926_15565288.jpg

自家製 梅シロップ  あぁぁぁぁ優しい(笑)ジョッキで欲しいです。中に入っている梅を一つもらおうと思っていたら、写真を撮っている間に嫁が完食してました。
b0189926_15594981.jpg

どのお菓子も、ドリンクも野菜の本や自然食品の本をゆっくり読みながら頂きたくなる空間です。
このカフェを仕切っておられるのは、女性の方なんですが、なんと御歳79歳!!!その事を後から聞かされてビックラこきました!!肌はツルツルで背筋はピンっとしていて、何と言っても元気そのもの!!もともと大学の教授だったそうで、オーガニック食材と出逢い、「これだ!」と思われて始められたそうです。
そして、お腹も満たされた所で、知人の旦那さんが働くパン屋さんへ向かいます。
b0189926_1665172.jpg

「meister かきぬまS backstube」
「安心・安全でおいしいパン」をコンセプトにしたお店だそうです。お店の名前や、並んでいるパンを見てドイツパンのお店みたいな感じはしますが、そうではなくてチーフがドイツで学んだ事を活かして日々新しいパンを作る。という事をテーマにされているようです。もちろん材料にも非常にこだわっていて、小麦粉はもちろん、卵・バター・フルーツなどの材料も安全で自然なものにこだわっておられて、アトピーやアレルギー、治療食の方にも安心して食べてもられるという事を考えておられるようです。
こちらのお店も非常に優しい空気でした。接客されている奥さんもそうですし、厨房に働く職人さんもめっちゃくちゃ良い雰囲気でした。旦那さんも楽しそうに仕事されてました!それを見たお子さんが「父ちゃーん!!」って笑顔で手を振る光景に癒されました。
b0189926_1623125.jpg

どのパンも、しっかりと小麦粉の味がして、美味しかったです。旨味を非常に強く感じるパンでした。なんというか、食べてて嬉しくなりました。
b0189926_1411513.jpg

これでもか!という位にオーガニックのドライフルーツが詰まってます。
b0189926_16331364.jpg

我が息子が、ベイビーのパンを食べた時より、ええ顔して食べているのが(笑)レアアイテムのシフォンケーキです。月替わりで味を変えておられるようです。今月はオーガニックのシナモンです。こちらのシフォンとパウンドケーキにはベーキングパウダーは一切使用していないそうです。それでいてこの滑らかさと立ち上がりは、凄いですよ。ものすごくフワッフワなんです。どれぐらいフワフワかと言いますと、息子がシフォンに顔をあててスリスリしてました。もはや毛布並みの柔らかさです。(笑)
b0189926_16181764.jpg


今回伺った3店舗に共通して言えるのが、提供するお店側も、受け取るお客さん側も、みんながみんなの事を考えて動いているのが非常に良く伝わりました。提供する側は安心・安全で美味しいものを徹底して出そう!という気持ちと、受け取る側は、安心して良いものを頂きにきている。という信頼関係がしっかり出来ている感じがしました。そして何より、「安心・安全」という事に対して妥協無く徹底されているという事です。最近やたらと、オーガニックという名を掲げたお店を良くみますが、なかなか全部が全部オーガニックという訳では無いようですし、何よりも「身体には良いのだろうけど美味しくない。」という声を良く聞きます。やっぱり食べるという行為は、「美味しい」と思えるのが一番でしょうし、それを期待して人は「食べる」という行動をすると思います。「食べる」為に「生きる」のか、「生きる」為に「食べる」のかというカテゴリーに別れている様に思います。前者は、とにかく美味しいものを食べたい!という気持ちで、後者は健康で長生きしたい。という感覚だと思います。どちらが良い、悪いではなくて「生きる」という事に「食べる」事は必要不可欠になってきますよね。やはり食べないと生きて行けない訳なんですよね。ですから日々の生活で「食べる」という行為から逃れられないわけですよね。だからこそ「食」を提供する側にとってもっともっと学ばなければいけない事が山ほどありますし、「食」を頂く側にも学ぶ姿勢って必要なんじゃないかなって思いました。押し付けがましく言っているんじゃなくて、何気に食べているけど、この食べ物って他にはどうやって食べれるんだろうとか、この野菜の旬はいつなんだろうっていう事に興味をもっていくと日々の生活がもっともっと充実していくんだろうなって、改めて感じさせられた日になりました。
[PR]



by babybread | 2012-05-12 17:14 | 名古屋旅行記

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
新商品
ベイビーブレッド
エリタージュ
ピッツェリア サリーナ
ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ
お知らせ
パティスリィーカカオテ
龍苑
能登ワイン
おまかせ
ボジョレ・ヌーボー
ブルディガラ
ガレット デ ロワ
バレンタイン10
谷川醸造
パティスリー ラ・ナチュール
ル・マルス
なかの洋菓子店
茶菓工房 たろう
たまには・・・。
旬彩処 菊新
なんやかんや。
黒毛和牛 べこ
ケ・モンテベロ
ブロードハースト
ラヴィルリエ
サンニコラ
アヴァンセ
独り言
コンフィチュール
イベント
龍泉
日本海倶楽部
le noeud papillon
エコールキュリネール大阪
そば切り 蔦屋
orizzonte
名古屋旅行記
日本料理 冨成
桜田
清水一芳園
エチョラ
かしえの日記
バレンタイン2013
Heart Bread Project
セイズ ファーム
ル・シュクレクール
ラ・リサータ
七八
LE SINGE
黒猫
俺のフレンチ イタリアン
ステファン パンテル
アシッドラシーヌ
モナミ
ステファン パンテル
ラトリエ ドゥ ノト
ラトリエ ドゥ ノト
未分類