輪島のぱんバカ日誌

カテゴリ:orizzonte( 4 )




楽しく 美味しく。

朝 晩は、もうすっかり肌寒くなってきて季節の変わり目が感じられる今日この頃です。
この日は、仕事が早く終わったので本当に久しぶりに、同級生のお店へ行きました。
河井町 オリゾンテ
一人でも気軽に入れる店って、以外と少ないので、重宝します。
週末に、これまた同級生がサービスで入っていまして、オススメのメニューを黒板からピックアップしてくれます。
素直なパン屋は、直ぐに従いオーダーです。
地元産ホウボウのアクアパッツァ
b0189926_0474149.jpg

サービス曰く、『疲れた身体に、沁み渡る優しい味わいですよ。』との言葉通りの優しいけど、旨味抜群でした。
というよりも、このボリュームにテンションガチ上がりでしょう!ホウボウが二匹ですよ!さらに能登牡蠣に、貝類、地元産河豚に力強い旨さの野菜にと、もはやフル装備の高級車並みでしょう!

続きまして、やはり男子たるものは、肉を貪ってナンボでしょう!という事で
仔羊です!
b0189926_0474490.jpg

うわぁぁー!カッコイイ!旨そぉぉー!この火入れ!ビジュアル系バンドでいうとLUNA SEAでしょう(笑)食べる前に分かりました!旨いという事を。食べて確信しました旨いという事を。
もちろん赤になるのです。
b0189926_0475357.jpg

肉の塊にかぶりつき、ワインで流す。
これエンドレススパイラルでしょう!

この後、後輩も加わり共通の昔話で盛り上がり、料理はもちろん大満足でしたし、料理を取り巻く空間に大大満足しました。食事は楽しくなくてはいけませんね!美味しい料理が更に旨くなります!久しぶりに顔が痛くなる程笑いました。
自分の好きな店があるって事は、幸せな事なんですね。本気でやるからおもしろいですし、本気でやるから感動するんです。
よく、ネット上で自分の物差しで判断して正しく物事を捉えないまま、匿名で発信されている方々がいますが、本当に残念です。発信してる側は悪気もないでしょうし、責任感も無いでしょう。でも発信された側の立場になったら、たまったもんじゃないですよ。日々、色んな犠牲を伴い、血の滲むような努力をして、自分の意思とは関係なく、好き勝手な事を言われるんです。さらに発信された側は、抵抗することも許されない環境になっているんです。評論家ほど役に立たない職業は無いですからね。高みの見物をしながら、グダグダ御託を並べて批判するわけですから。20代前半はそんな方々に噛み付いてきましたが、最近はそれでは評論家の方々と変わらない事をしていると感じたので、控えてますが(笑)
これ以上書く体力は残っていないので強制終了しますが(笑)
何事にも『筋を通す』という事が肝心要になりますね。

いやぁでもこの日は、本当に楽しかったです。良い夜を過ごせました。ご馳走様でした。
[PR]



by babybread | 2014-09-14 23:58 | orizzonte

ちょっと寄り道。

さぁ、今回はリアルタイムな更新でございます。ようやく気温も上がってきて晴れた日が多くなってきた今日この頃です。そんな日は、いつもよりゆっくりと寄り道をして帰宅ってなもんも気持ち良いですよね。

ということでいつもより仕事が早く終わったこの日は、寄り道をしちゃいました。
b0189926_2114262.jpg

河井町 『オリゾンテ』
ガッツリ食事も良し、バール的な使い方も出来る非常に小回りの利いたお店です。

b0189926_2144826.jpg

贅沢にヱビスを頂きます。

b0189926_2173193.jpg

宇出津産ヤリイカとイイダコとオクラのにんにくマリネ (今回はタコ切れの為、イカのみです 笑)

イカが柔らか過ぎます!オクラのねっとり感も非常に良い塩梅です。

b0189926_2112676.jpg

イイダコのトマト煮 (ここでイイダコ登場です 笑)
これ旨ぁぁぁぁぁぁ~!こちらを頂いているときに、他のテーブルのお客さんからシェフに質問が出て、そのやり取りを盗聴させて頂きました(笑)
シェフ曰く『イイダコ』とは、漢字で『飯蛸』と書くそうで、頭の中に詰まっている卵の触感が、ご飯に似ている事から、その名が付いたそうです。勉強になります!イイダコを語るシェフの後ろ姿は輝いて、どや顔もばっちり決まってました。(笑)

そんなこんなで、たまらずパンをオーダーです。
b0189926_21212362.jpg

なんか照れくさいですよね。なんかこう、嫁いだ娘に嫁ぎ先で接待を受けるような・・・・、このくだりはいりませんね(笑)
でもこういう場所で使って頂けるのは非常に嬉しいですし、気が引き締まりますよね。当たり前ですが、変なパンは焼けませんし、方向性の違ったパンも出せないわけですから、毎回緊張感があります。一説では、少しいつもと違うパンを提供すると、シェフからすぐチェックが入るという恐怖感という説もありますが(笑)
冗談はさておき、非常にパンを大切に扱ってもらえているなって伝わります。パンを一つの食材として見てくれているという印象を受けます。
パンの事まで気にかけている料理人って、個人的に好感がもてます。結構とりあえずパンです。ってな感じで出しているお店って案外多いですよね。パン屋としては何か寂しいですよね。調理法や食材にこだわっていると言いながら、パンは?食材じゃないの?って感じてしまいます。ですから僕らも、このパンじゃなきゃだめだ。と思って頂けるパンを焼かなければいけないんですよね。
常にこういう意識をもたせてくれるお店があるって幸せな事ですよね。
捨てられないように今後もしっかり精進させて頂きます。

これからもっともっと暖かくなってきますので、フラッと寄り道感覚でオリゾンテもなかなか乙かと思います。
お酒に合う、単品もかなり充実していますので、非常に楽しめると思います!
[PR]



by babybread | 2013-04-13 22:09 | orizzonte

小さい町から見える水平線。

久しぶりの更新は、更に久しぶりのレストランネタです。
この日は、寒いながらも雪や雨が降らないというこの時期には貴重な日でした。仕事もいつもより早く片付き、お腹が空いたのでガッツリ食べるぞ!っと戦闘態勢に入った妄想パン屋が向かった先は、輪島 河井町「オリゾンテ」
b0189926_16431444.jpg

久しぶりに飲んじゃおうかしらって企んでいたパン屋は、徒歩で向かう訳です。近くの重蔵神社の参道をウキウキしながら歩く、少しキモイパン屋(笑)
あ、お店の外見撮るの忘れてました。という事で妄想してください(笑)
寒くて、冷え切った身体をオリゾンテの温かい空気が、優しく包み込んでくれます。あぁ、癒されます。
b0189926_1651304.jpg

この日は、シェフにお任せで小生意気にもイタリアの白でスタートです。
b0189926_16535858.jpg

前菜盛り合わせ 毎回思いますが、料理人って仕事が本当に丁寧ですよね。食材一つにしてもありとあらゆる方法で味を加えていくんですよね、そして盛り付けでしっかり完成させちゃうんです。一皿一皿にテーマがあって、物語があるような気がします。パン屋はガンジス河みたいな壮大な盛り付けは得意ですが、こんな繊細なものは苦手です。(笑)勉強しよ。
b0189926_16593258.jpg

牡蠣のグラタン このビジュアルたまらんでしょ!焼色とか、ゾックゾクします。とってもサラーっとしたグラタンですが、牡蠣のパンチ力がハンパなかったです。「俺!牡蠣食べてます!」みたいな感じです。もちろん白がススム君な訳です。
b0189926_1723282.jpg

自ずと赤にシフトチェンジする訳です。こちらもシェフ任せのイタリアワインです。残念ながらパン屋はワインの知識が全くありませんの。赤か白か泡なのかぐらいしか分からないので、そういう時は、素直に従うのみです(笑)どちらも美味しかったですよ!
b0189926_1795484.jpg

酒の力を借りて、お店のオブジェを撮ると見せかけて、パスタを振るシェフをパパラッチ(笑)
僕の勝手なイメージですが、料理人がフライパンを振っている時って、その日一番の見せ場だと思います。時にはフランベしてみたり、時にはチーズを振りかけてみたりと、もうカウンターがスペシャルリングサイドか、アリーナ席に変わりますよね。思わず「よっ!男前!!」と叫びそうになります。パン屋にもこんなポイント欲しいなぁ、メッチャ地味なんばっかりやん。とスネ夫君になっちゃう訳です(笑)
b0189926_17165360.jpg

そんな男前がフライパンを振った「スモークサーモンと海苔のクリームパスタ」
ふわっと立ち込めるスモークの香りと、口に入れた瞬間に後ろから新快速並みのスピードで追いかけてくる磯の薫り。瞳を閉じれば海が広がります。「波のぉ谷間にぃ、命のぃはぁなぁがぁぁぁぁ!」と鳥羽一郎が煽ってきそうですが、ここはオリゾンテ、そこはちゃんと「ヴォーノ!」です。この瞬間、外から見たらパン屋がトッティーに見えてたと思いますよ。そんな貴方は今すぐ眼科へ!(笑)
でも冗談抜きで、しみじみ旨いなぁって感じる料理です。ついさっきクリーム系を食べた事なんて全く気にならないですもん。本能のまま食らう我が人生!パン屋心の俳句。
b0189926_17262995.jpg

パンナコッタ しっかりドルチェも頂くわけです。スパイスを効かせて、垢抜けして洗礼された感じでした。センスですよね何でも。頑張ろう。シェフのドルチェを頂くと、努力してるなぁ。としみじみ感じるのは何故でしょう(笑)
b0189926_17303787.jpg

エスプレッソ ダブルで〆
あぁ、美味しかったぁ!という満足感と、これで終わっちゃうんやぁという寂しさが入り混じりながら余韻に浸れるという事が幸せですね。
どの料理も、本当に繊細に仕込みをされているのが、非常に伝わってくる料理でしたし、一つの食材がもつ力を100%引き出してあげて、さらにもう一つ加えてあげて食材と料理の点と点をしっかりと線で結んであげるという事がどんなに大切なのか思い知らされた時間でした。「良い食材+良い食材=良い料理」では決して無いという事を感じました。「今」与えられた環境の中でブーブー言い訳をしないで、「今」出せる最高のパフォーマンスをして、相手に感動を与える事が出来るプレーヤーってすごいですよね。スター選手ばかり集めれば勝利と言う結果に結びつけれるっていう事じゃないんですよね、ようはバランスなんでしょうね。そしてそれをちゃんとコーディネートできる指揮官がいて、その指揮官の指示通りに動いて結果を出し続ける選手がいて初めて、良い結果が出るんでしょうね。でも結果ばかり気にしすぎて、結果を恐れてスタートしなければ何も始まらない訳で、スタートするまでに沢山の葛藤や想いがあってようやくスタートした人って言うのは、オーラが出てます。雇われているときでは出せる事が出来ないオーラが。これからオリゾンテも沢山の出逢いをしながら良いお店になっていくと思うと、ワクワクして嬉しい気持ちと、俺もしっかりやらねば!という気持ちが湧いてきます!荒れた日もあれば、穏やかな波の日もある水平線でしょうが、その線は途切れる事無く世界に続いているように、小さい町の大きな水平線になって欲しいと切実に想います!
[PR]



by babybread | 2012-01-21 17:53 | orizzonte

いよいよオープンですっ!!

待ちに待ったお店が、いよいよ輪島にオープンしますよ!!
そうです!料理人「惣領 泰久」のお店「ORIZZONTE」(オリゾンテ)が10月7日(金)のお昼から始動します!!
彼の店なので、外野がとやかく喋るのは面白くないので、店名やコンセプトなどは、シェフと対話して、身と心で思いっきり感じて下さい!
「お店を出す!」と決めてから長いようで短かったですが、ようやくスタート地点まで辿り着きました。一言でイタリアンと言っても、パスタ・ピッツァだけではないと言う事を十分に発信して欲しいです。

僕が偉そうな事を言うのもなんですが、どうか温かい心で応援してあげて下さい!僕ら職人はお客さんからの「美味しかったよ。」「また来たよ。」「笑顔」が何よりのご褒美なんです。その瞬間の為に、アホみたいな労力と時間を費やす人種なんです。ですから温度のある声を掛けてあげて下さい!!

orizzonte
928-0001
石川県輪島市河井町4-67
0768-22-1777
b0189926_192873.jpg

[PR]



by babybread | 2011-09-28 19:02 | orizzonte

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
新商品
ベイビーブレッド
エリタージュ
ピッツェリア サリーナ
ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ
お知らせ
パティスリィーカカオテ
龍苑
能登ワイン
おまかせ
ボジョレ・ヌーボー
ブルディガラ
ガレット デ ロワ
バレンタイン10
谷川醸造
パティスリー ラ・ナチュール
ル・マルス
なかの洋菓子店
茶菓工房 たろう
たまには・・・。
旬彩処 菊新
なんやかんや。
黒毛和牛 べこ
ケ・モンテベロ
ブロードハースト
ラヴィルリエ
サンニコラ
アヴァンセ
独り言
コンフィチュール
イベント
龍泉
日本海倶楽部
le noeud papillon
エコールキュリネール大阪
そば切り 蔦屋
orizzonte
名古屋旅行記
日本料理 冨成
桜田
清水一芳園
エチョラ
かしえの日記
バレンタイン2013
Heart Bread Project
セイズ ファーム
ル・シュクレクール
ラ・リサータ
七八
LE SINGE
黒猫
俺のフレンチ イタリアン
ステファン パンテル
アシッドラシーヌ
モナミ
ステファン パンテル
ラトリエ ドゥ ノト
ラトリエ ドゥ ノト
未分類