輪島のぱんバカ日誌

<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧




「存在価値」。

先日の朝、いつも通りに開店準備を整えてお店のカーテンを開けると、何か違和感がありました。
「なんやろぉ」って感じたんですが、すぐに目に飛び込んできたのがこちらです。
b0189926_18401237.jpg

店頭のオレンジの屋根に素敵な花飾りがしてあるじゃないですか!前日の夜には無かったんです。ですから夜中に装飾されたんでしょう。「誰がしてくれたんやろぉ」と思っていたら、常連のお客さん達がしてくれてたんですよ!「ベイビーブレッドに似合うようにデザインを色々考えたんです。喜んで頂けて嬉しいです!」
こんなサプライズにベイビーブレッドスタッフ一同は感動しました!本当に嬉しいですよ!花を飾って下さった事もそうですが、何よりベイビーブレッドの事を考えて、喜んでもらおうって想って下さった事がね。本当に感動しました。お店やっててよかったな!と感じる瞬間でした。
最近、「存在価値」という事について良く考えていました。ベイビーブレッドが輪島にあるという事に対してどんな意味があるんやろって、今は、以前よりも聞かなくなりましたが、「ベイビーのパンは小さくて高い。○○のは100円やし、○○のはもっと大きいし。」っていう言葉。直接お客さんから言われる事もありましたし、間接的に聞こえる事もありました。でもベイビーブレッドは大きさを変えたり、価格を下げたりという事は一切しませんでした。現在、店頭に並んでいるパンは約80種類程ありますが、どれも「こんなもんで、ええやろぉ。」って思って作ったパンはありません。一つ一つ、じっくり考えて、また想い出を思い起こしたり、日々感じたこと、お客さんに伝えたい事をベイビーなりに考えてカタチにしたものです。価格についても、出来る限り手に取りやすい価格に設定しているつもりです。もちろん、味覚にも価値観にもそれぞれの個人差があります。一重には言い切れません。でも、わざわざお店まで足を運んで頂いて、一生懸命働いて稼がれたお金を使って下さる訳ですから、こちらもそれに伴うパン・サービスを精一杯、提供させて頂きたいと想い日々過ごしております。お店って、そんな信頼関係だと思うんです。例えば、外国で暮らしている親友が何十年ぶりに帰国して自分の家に遊びに来るってなったら、どうします?最高のお持てなしをしたいと思うんです。「あれもこれも食べさせてやろぉ!とか、お土産は何にしようかなぁ!とか、一言目は何て声をかけようかな!」とかね。一緒に過ごす時間を楽しい時間にしたい。帰る時は、来て良かったなって思って欲しい!って考えると思うんです。ということは、お客さんとして来られる側も同じ気持ちでいると思うんです。お互いにそんな気持ちがあるからこそ、少しの時間でも逢えて良かった!来て良かった!また来たい!今度はこっちが何かしてあげたい!っていう気持ちになると思うんです。これってお店でも同じ事だと思うんです。もちろんお店では金銭的な動きが出ますから綺麗事と思われるかも知れませんが、でも根本はそういう事だと思うんです。これって商売の極意でもあり、人間関係の極意だと思います。お店とお客さんの関係も持ちつ持たれつなんだと思います。ベイビーブレッドも輪島で始まって、4年目です。スタッフ一同こんな想いで日々を送っていた結果、沢山の素敵なお客さんに巡り会えました。正直、大阪や金沢のパン屋さんから比べると、売上も半分以下ですし、利益も高いとはお世辞にも言えません。でもそれ以上に大切な事を頂いているんです。100円玉を握ってパンを買いに来る小学生や、買わなくても窓から中の作業を眺めている人、何も買わなくても毎日、スタッフの顔を見に来るおっちゃん、遠方から買いに来て下さる方、ひどい天候でも来て下さる方、旅行に行ってお土産を持ってきて下さる方。他にも沢山、おられます。そんな素敵な方々に囲まれるということは本当に嬉しいです。「輪島の人達の、生活の一部になれる事、色んなパンの食べ方を知って欲しい。」とテーマを掲げて始めたお店なので、少しは目標に近づけたなって思っていますが、まだまだです!もっともっと、この気持ちがパンにもお店にも、そして僕自身にも滲み出てくるまで努力しなければいけませんね。ビートたけしさんの言葉で、「夢は叶えたら、そこで人生終わりだよ。死ぬまで夢を持ち続けなくちゃ。」というのがあります。正にそういう事ですね。今の自分にずっしりと響きました。大阪で働いていた会社の事務所に張ってあった言葉があります。それは「わしがやらねば、誰がやる。   93歳」この方は93歳になっても未だに自分の夢に向かって信念を貫いておられ行動されているんです。普通出来ませんよね。でも例え目標が達成出来なくても実際行動することが大事であって、そんな姿に人は心を動かされて、応援するんですよね。大切なのは、同じ想いを(初心)抱いたまま、黙々とやり続けること。それが「命懸けでやる」という本当の言葉の意味なんだと感じます。だから、ベイビーブレッドも輪島に根を下ろしたので、根っこを太く、深く育てていく努力をしないと!
そんな事を、モヤモヤと考えていた矢先に、花飾りの贈り物を頂き、モヤモヤが吹き飛びました。心から御礼を言わせて頂きたいです。ありがとうございました。
さあ、今週は良い天気が続きそうなので、気持ちよくいきまっせ!!
[PR]



by babybread | 2010-05-31 19:51 | ベイビーブレッド

ピリッと刺激を。

b0189926_2049388.jpg

何か、雨続きでジメジメと梅雨みたいな天気が続きますねぇ。そんな気候のお陰で身体の調子も整わないですね。そんなパッとしない体調も天候にも、刺激を与えてくれそうなパンが明日から出ます!その名も『チョリソー』………。最近、良いネーミングが浮かびません。(笑)
沖縄ハムのチョリソー(唐辛子入りウインナー)を乱切りにして、黒こしょう・バジルを加えてフランスパンに練り込み、粒マスタードを効かせました。思わずビールが欲しくなるパンに仕上がりました。是非、お酒の肴にして下さい!
[PR]



by babybread | 2010-05-24 20:49

新商品と復活商品のご紹介

久しぶりの更新です!この約2週間ほど現行のパンのマイナーチェンジや試作等で何かと慌ただしく過ごしておりました。ようやく事も一段落つたのでパソコンに向かうと、「ムムッ!右の腰に違和感があるぅ。トゥルトゥットゥットゥットゥ~」しばらくすると違和感が痺れへと変わり始めたので、「こりゃヤバいんちゃうんか!」と思い病院へ、診断の結果は「座骨神経痛」。・・・・・・・・。おぉ!響きがカッコイイ!全く医学の知識が無い私、何のこっちゃ分かりません(笑)まあ、なんせ「座骨神経痛」という響きに、何か優越感を感じながら特に治療も受けずに「安静に過ごして下さい。」と一言を頂き「出来ひんわ!」と心の中でツッコミを入れながら帰って来ました。この辺は体育会系のノリで、気合いで治します!精神で完治を目指す事にしました。ですから、しばらく店頭での、劇団四季のような華麗なパフォーマンスは出来ませんので悪しからず。(笑)
話は戻りますが、本題に入ります。(笑)まず、土曜日限定のパンに新たな仲間が加わります。
「いちじくのライ麦パン」
カリフォルニア産の黒イチジクを「能登ワイン」にじっくり漬け込み、酸味のあるライ麦パンに白ごま・白ケシのアクセントを加えて練り込みました。ワインやチーズの肴に最適です。
b0189926_18454683.jpg


「ボルケーノ」
フランスパンの生地に、能登ワインに漬け込んだ黒いちじくとオレンジピール、アクセントに黒胡椒を練り込んで、火山(ボルケーノ)の噴火口にように成形して焼き上げました。いちじくとオレンジという鉄板なコンビに、火山の噴火のように刺激的な胡椒を効かせました。来週の中旬から販売致します。


そして、最後に復活商品です。それは、ここ最近ハンパ無いリクエストが殺到しておりました。「我が家のプリン」です!!皆さん、お待たせ致しました!いよいよ出ますよ!しかもマイナーチェンジをして、これぞパン屋のプリン!という感じに仕上がりました!今回もご注文が入り次第カッソナードを表面にしき、バーナーで「ブォォッ」とがっつりキャラメリーゼしちゃいます。兄ちゃんのファイヤーパフォーマンスに大注目です!デジカメを持参のお客様はシャッターチャンスですよ!

そんなこんなで、来週も宜しくお願い致します!!
[PR]



by babybread | 2010-05-22 19:01 | 新商品

情緒ある古都・金沢

先日、日頃お世話になっている「谷川醸造」さんよりご紹介を頂きまして早速、伺いました。

今回は、お店の場所も確認済みで、谷川さんの説明&地図付きで向かいました。これだけのサポートがあれば完璧でしょう!(笑)と満を持して香林坊のスクランブル交差点よりそれらしき曲がり角を左折!!「道が狭い!!」ホンマにこの道でいいんかいな!と不安が出てきましたが、そこは勢いです!「行ってまえ!」突き進みました。しかし、イラン事しぃの僕、曲がらんでもいいコーナーを曲がり(笑)一方通行の樹海へと踏み込みました。途中、パーキングに駐車して歩いていこうかなと考えたんですが、そこはパン屋のプライドが許しません!(意味がわかりませんが)この辺は関西で鍛えられた技を発揮です。必殺!一方通行逆送です!(笑)
何とか樹海から逃れ出て何か雰囲気のある街並みに出ました。そうです、観光名所の長町です。いやぁ情緒ありますよねぇ。昔のCMで外国人が「金沢の街は、曲がり角が沢山あるがや。」っていうやつありましたよね?このフレーズを口ずさみながら車を走らせます。(お店が見えて来ないのでかなり、挙動不審な動きをしていましたが)そんなこんなで更にもう一回迷い(笑)ようやく到着です。
b0189926_18582688.jpg
b0189926_1859221.jpg

金沢 長町「茶菓工房 たろう」さん。かなり良い雰囲気のお店です。
奥さんにご挨拶をさせて頂いて、お菓子も購入したので帰ろうとすると、奥さんから、せっかくですからお茶と甘味でもいかがですか?とお声をかけて頂いたので、お言葉に甘えて御馳走になりました。売り場の隅に設けられているスペースに案内され、素晴らしい日本庭園が望める席へ座りました。
b0189926_18593622.jpg
b0189926_19019.jpg
b0189926_19028100.jpg

ね!すごいでしょ!この庭!なんでも海外の雑誌で、日本の美しい庭の第3位に選ばれたそうです。恐るべしです。かなり癒されます。
そんなマイナスイオンを感じまくりの放心状態の僕。隣の席には若い観光客の超ラブラブなアベック(笑)いやでも愛をはぐくむ美しい会話が聞こえてきます。聞こえないフリをして、しきりにカメラのシャッターをきる僕。乾いたシャッター音と愛のある会話と絶景が店内に調和します。(笑)
b0189926_1904667.jpg

こちら、器が素晴らしいです。残念ながら器や焼き物の知識がゼロの私。綺麗やなぁ、しか言えませんでした。(笑)そんな綺麗な器には、
b0189926_191635.jpg

「白玉ぜんざい」 白玉は奥さんが手作りされているようです。あんこも食べやすく、白玉との相性抜群です。
b0189926_1913451.jpg
b0189926_1915296.jpg

こんな空間で甘味とお茶を頂くなんて、何年ぶりでしょうか。非常に心地よい空間です。それで奥さんとの会話も非常に心地よく、日本や日本人の素晴らしさが身に染みて感じました。やはり自分は日本人なんやという事が再確認させられました。よく金沢は「小京都」と例えられますが、こうやってじっくり体感すると京都と似ているようで似てないですよね。間違いなくここは金沢の空間です。そして金沢のおもてなしです。ただ、両方にも共通して言えるのが、日本の素晴らしさが伝わる場所だということです。(僕が偉そうな事は言えませんが)
こういう「らしさ」というのは守り続けなければいけないですね。なんか旅番組のエンディングみたいになってきましたが、(笑)「たろう」さんは、お菓子もしっかりとされています。伝統の味を守りながら職人の個性を出して、完璧に「たろう」のお菓子を確立されています。今回も非常に勉強になりました。今回のご縁を結んで頂いた「谷川醸造」さんに非常に感謝致します。この場をお借りして御礼を申し上げます。今後に大きく影響する1日でした。個人的に、隣のアベックの雰囲気も非常に良い影響を与えてくれました。(笑)
b0189926_192931.jpg

[PR]



by babybread | 2010-05-10 19:31 | 茶菓工房 たろう

過去・現在・未来

人には忘れてしまいたい過去や、思い出したくない事、無かった事にしたい過去というものがあると思います。僕自身もありました。『時間が経てば解決してくれる』という言葉がありますが、僕の場合は解決しなかったんです。過ぎ去った過去というのは、自分がアクションを起こして解決しない限り、その場所にずっと止まったままなんですよね。人生は既に決まった点があり、その点と点を自分が動く線で結んでいかなければいけないと思うんです。一つずつ順番に結んでいかなければ、勿論先に進める事は出来ません、僕も4年前に結べなかった点があったんです。その後悔を心の中に隠しながら来たんですが、やはりスッキリせず、ずっとぼやけながら、でも痛烈にしっかりと潜んでいました。忙しいという状況の中で、感じれなかった『人の温度』が4年経った今になってようやく気付き、素直に『有難い』と想えました。そんな想いを4年越しに、ある方に伝える為に大阪に向かいました。
向かった先は、大阪・吹田『ブーランジュリー・ル・シュクレクール』です。オーナーシェフの岩永 歩さんにお会いするために車を走らせました。今や日本一、注目されているブーランジュリーといっても過言ではは無いと思います。日本のパリとも呼ばれる程です。岩永さんとの出逢いは7年前でした。フランスでPAINを学ばれて帰国し、独立をされる前にご縁があり一時的に当時僕が勤めている会社に入社されたんです。僅かな時間でしたが、たくさんのお話をして頂きました。そこから伝わってくるのは、とにかく『フランス』を愛していると言うこと、『フランス』『パン(pain)』にかける情熱は凄まじいものがありました。そんな情熱が吹田というフランスというイメージの少ない土地で支持を得ているんだと思います。岩永さんが伝えたいのは、『フランス文化』なんだそうです。一歩も踏み外すことなく『フランス』を貫く姿勢は、唯一無二です。
そんな岩永さんは、当時21歳の下っ端の僕にまで一生懸命、話をして下さいました。いろんな心配もしてくださって、本当に親身になってスタッフ全員に声を掛けて下さいました。
そんな岩永さんに、自分が独立して実家へ帰るときに、ご挨拶もしないまま大阪を去ったんです。
その事が、心の奥にずっと引っかかったまま今まで過ごしてきました。
今後の自分の人生を考えた上で、今更ですが岩永さんに『有難う御座いました。自分はパン屋になりました。』と一言伝えなければ先に進めないと思い、無心で車を走らせました。
お店に到着し、スタッフの方に経緯をお伝えして売り場で、待たせて頂きました。しばらくして、岩永さんが来られて、無言で手を差し伸べて下さり、しっかりと握手を交わしました。普通なら『今更なんやねん。』と言われてもおかしくない状況なのですが、岩永さんは『人は誰でも、色々あるんだよ。でもね、一言、本当に一言で良いんだよ。言葉にならなくてもいいから、想いは、しっかり伝えなきゃ。そうしないと、もう会えなくなるやろ。そんな寂しい事は無いよ。でもね、こうしてまた逢えたことで、今後も良い付き合いが出来るやん。お店やってんねやろ?この腐った業界に流されたらアカンで、しっかりと意志をもって頑張りや。painは個々の表現やから、しっかりとね!また来ます。とか社交辞令は一切いらんから、来たときに、来ました!でええから。』と、温かい言葉を頂きました。心に響きました。濁っていた空間に光が差し込みました。それと同時に心の釘が消えました。マイナスからスタートだった僕がようやく、ゼロまで進めて、ようやくスタート出来た気分です。
『painとは、個々の表現』僕自身、painを教わったことも無ければ、ブーランジェリーで働いた事もありません。ですが、『pan』は学びました。ですから僕は、『pan』を通して、自身を表現していきます。勿論、僕一人では何も出来ません、周りの方々の力を借りて精一杯『パン屋』を目指します。ベイビーブレッドにしか出来ないpan。ベイビーブレッドらしいpanが焼けるまで、努力します。お客様の生活の一部となれる『パン屋』を目指して。

b0189926_1892214.jpg

『バケット』 これを焼くためにフランスに向かった。といわれるpainです。
b0189926_18104925.jpg

『クロワッサン』 岩永さんの中の『パリ』を具体化したもの。

上記のpainはどこへいっても定番ですが、ブーランジェの想いを知ると、一つのpainでも計り知れないドラマがあります。ベイビーブレッドも頑張ります。
[PR]



by babybread | 2010-05-08 18:16 | ル・シュクレクール

やっちまったな!パート2

さあ、GWも終わりに近づき、休みボケした身体をグッと引き締めて行きましょう!そんなグッと気を引き締めるのに、最適な(強引ですが)パンが登場します!!
その名も、『pane salina』パーネ・サリーナ。さあ、タイトルと品名でお気づきの方もおられると思いますが、そうです!!先日、サリーナのマスターからパン屋さんでもやったらいかがですか?とアドバイスを頂いたものを、有難く頂戴いたしました!!悪く言えば『パクリ』、良く言えば『素直』!!もちろん、ベイビーブレッドは後者です!
土曜日限定のライ麦パンに、低温でじっくり油抜きした豚・ローストしたクルミ・パルメジャーノレジャーノ・黒胡椒・ローズマリーをたっぷり生地に混ぜ込み、焼く直前にオリーブオイル・岩塩を散らして焼き上げました。
明日の午後1時頃に焼き上がりますので、是非お試し下さい!!
b0189926_15423189.jpg

[PR]



by babybread | 2010-05-07 19:49 | 新商品

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
新商品
ベイビーブレッド
エリタージュ
ピッツェリア サリーナ
ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ
お知らせ
パティスリィーカカオテ
龍苑
能登ワイン
おまかせ
ボジョレ・ヌーボー
ブルディガラ
ガレット デ ロワ
バレンタイン10
谷川醸造
パティスリー ラ・ナチュール
ル・マルス
なかの洋菓子店
茶菓工房 たろう
たまには・・・。
旬彩処 菊新
なんやかんや。
黒毛和牛 べこ
ケ・モンテベロ
ブロードハースト
ラヴィルリエ
サンニコラ
アヴァンセ
独り言
コンフィチュール
イベント
龍泉
日本海倶楽部
le noeud papillon
エコールキュリネール大阪
そば切り 蔦屋
orizzonte
名古屋旅行記
日本料理 冨成
桜田
清水一芳園
エチョラ
かしえの日記
バレンタイン2013
Heart Bread Project
セイズ ファーム
ル・シュクレクール
ラ・リサータ
七八
LE SINGE
黒猫
俺のフレンチ イタリアン
ステファン パンテル
アシッドラシーヌ
モナミ
ステファン パンテル
ラトリエ ドゥ ノト
ラトリエ ドゥ ノト
未分類