輪島のぱんバカ日誌

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧




美味しい!!が一番。

さあ、清水一芳園さんで美味しいお茶を頂いて、これまた京阪電車へ次の目的地である大阪 本町へと向かいます。
一日という限られた時間で4年分の時差を埋めるという作業は、かなり濃度を凝縮しないといけない訳で、さらにお互いすぐには会えない環境で、そして更には、こうやって一緒に食事をしたり会話をしたり出来る時間は本当に貴重なタイミングなので、一秒も無駄にしたくないんですよね。この日ばかりは、一日が36時間位あれば良いのに。ってな気持ちになります。
という事は必然的に、お昼にゆっくり食事をして、ほんの少しのインターバルをとってから晩御飯になっちゃう訳なんですよね。そして一芳園さんに到着した時点での二人の想いは同じなんです。「あかん、腹がいっぱいで晩までに空くやろか。」という事(笑)そんな心配も強烈なお茶のお陰でぶっ飛びました。〆のシャンピンでキレイにリセットされました。

京阪・御堂筋線と乗り継いで、目的地に着いた頃には既に日が暮れて良い塩梅です。

大阪 本町「スペイン バスク料理 エチョラ」
b0189926_1939386.jpg
b0189926_19391989.jpg

やっと来れました!2年前に雑誌で知ってから、ずっと片思いしてました!

b0189926_1941389.jpg

昔の雑誌のページを、何度も何度も見ていたので初めて来たんですが、何か初めてじゃないような不思議な感情でしたが、実際に席に座って見る景色は、平面では感じられない立体的なライブ感があって俄然テンションが上がります。
b0189926_19445476.jpg

移動の電車内で女子並みに話し込んでしまい、更に夏の暑さもあって喉がカラカラなんです。という事は無条件でビールですよね!
スペイン産のビールでスタートです!このラベルを見て友人が「これ麒麟のマークに似てるね。」と空気の読めない発言をしてましたが、その辺はスルーです(笑)
イベリコ豚のラルド
b0189926_19475248.jpg

「うぉっ!!うぅんまっ!!」のっけからヤラれました!口の中でサァァっと消えていきます。何を隠そう、僕ら二人「ラルド」が何者なのか分からないままオーダーしてました(笑)御存知の方もおられるとおもいますが、ラードです。塩加減ど口溶けが最高です。
パン
b0189926_19523485.jpg

ラルドと一緒に頂くと一瞬で無くなりました(笑)
グリーンサラダ
b0189926_19534583.jpg

20代前半では絶対に考えられないオーダーでしたが、いつしか身体を気遣う年頃になってきたんでしょうか(笑)
こちらはスペイン製のドレッシング容器です。シェフがスペインから購入してきたそうです。
b0189926_1956835.jpg

この時も友人が「裏見たら、made in japanって書いてあるかもよ。」などと、言ってましたが勿論スルーです(笑)「あぁ、野菜っておいしいねぇ。」と感じるサラダでした。
泡にシフトチェンジです。
b0189926_19594243.jpg

明石ダコのガルシア風
b0189926_2004895.jpg

タコの柔らかもさることながら、下に敷いてあるピルピルが極旨です。「うまっ!」しか言えませんでした。(笑)
フォアグラのコロッケ
b0189926_204162.jpg

「うぁ、キレイやなぁ」と野郎二人が騒ぎます(笑)マーマレード・パセリ・パプリカ・岩塩と4種類のソースでそれぞれ違った印象になります。こちらも「うまっ」しか言えませんでした(笑)
スペイン産のガスウォーター
b0189926_2072893.jpg

こちらはバスク国のシンボルマークだそうです。
b0189926_2081660.jpg

骨付き子羊
b0189926_209394.jpg

「・・・・。」もはや無言で骨付き肉に貪りつく野郎二人です(笑)ビジュアルから想像出来ると思うんですが、美味しくない訳が無いんです!!そして添えてあるジャガイモもセンターを張れる位、半端ない旨さです。
プリン
b0189926_2012563.jpg

別腹ですよね!「おいひぃー!」
エスプレッソで〆
b0189926_20132956.jpg

あぁ、本当に美味しかったです!!来れて良かった!!っていう気持ちと、あぁこのエスプレッソでお別れなんやぁ。っていう寂しい気持ちが交差してきますよね。本当に楽しい時間は「あっ」ッという間ですね。朝に会ってから、今までの時間が本当に猛スピードで駆け抜けました。
でも今回、久しぶりの再会も果たせて、沢山の会話をして、たくさん刺激を受けた。めっちゃくちゃ濃厚な一日になりました!!友人から元気とエネルギーと刺激をたっぷり頂きました。こんな関係でいられる友達がいるって、本当に有難い事ですね!感謝です!この日の思い出を肥しに、お互い頑張ろうと誓い、それぞれの帰途へ着きました。
別れ際に店内のお客さんが、何かの記念日だったようで、男前のシェフがお祝いの唄をプレゼントされてました。
b0189926_20215382.jpg
b0189926_2022629.jpg

演奏が終わると、店内のお客さんから自然と拍手が沸き起こっていました。お客さんもスタッフもみんな笑顔の素敵な空間でした。こういう事ですよね!仕事って!!是非また来たいと思えるお店がまた一つ増えました。レストランってみんなで楽しむ場所なんですね!

さあ、またいつか友人と良い顔で会えるように明日からまた精一杯パンを焼かせていただきまーす!!和!!お互い頑張ろうぜ!!
[PR]



by babybread | 2012-08-31 20:26 | エチョラ

行って。見て。感じて。想って。動く。

b0189926_1834486.jpg

2年振りです。行かなきゃ、感じれません。触れなきゃ、分かりません。何が違うのか。何をしたいのか。自分の目で、鼻で、口で、心で。全身で吸い込まなきゃ、呼吸は出来ません。
b0189926_187286.jpg

カリカリ。ムッチリ。サク。ハラハラハラ。
b0189926_1884245.jpg

ムワッ。ザクッ。ハラッ。スゥー。
b0189926_181019.jpg

ムワッ。ハラッ。ニョキ。サァー。
b0189926_18111546.jpg

ムチッ。プチッ。モワァー。
b0189926_18122136.jpg

ムギュ。ネチ。フワァ。
b0189926_18142977.jpg

シトォゥ。パチン。ガツッ。モサァー。
b0189926_18212442.jpg

パリパリッ。ムチッ。ジュワ。フワァ。モヤァー。
b0189926_18545968.jpg

キュン。サクッ。プチッ。モワァン。
b0189926_18241927.jpg

パリッ。ザクザク。キリッ。
b0189926_18251241.jpg

ピキーン。モリッ。ザックザク。スー。
b0189926_18263080.jpg

ムハッ。スーハー。ジュ。ジュワワワワ。ネットリ。サー。
b0189926_18275598.jpg

モギュ。ブチッ。ジョー。フンワリ。
b0189926_18291332.jpg

モエェ。サク。スパーン。クルッ。

さぁ。何を感じた?何を見た?何が足りない?何が違う?平面じゃなく、立体的に捕らえたか?その奥行きは見えたか?何を伝えたいのか、気付いたか?進む先が見えたか?お前は何がしたい?何をしなければいけない?何をどのように表現する?足し算、引き算じゃなく、割り算が出来るか?割り切るのか?余りを出すのか?それは何故だ?理由は?根拠は?確信は?どうする!どうする!どうする?何処で終える?終えた後はどうする?何を頂いて、何のために、何をして喜ぶ?何を残す。お前は何がしたい?どうしたい?どうやったら、出来る?やり切れるのか?本当に出来るのか?どうする!どうする!どうする!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
DOする!!!!!そうや!!取り合えず動こう!!真っ直ぐ進もう!壁に当たったら、昇ろうぜ!そうだ!動こう!なるべく早く!記憶が薄れる前に!一日・一秒でも早く!答え?動けば必ず出るんや!当たりかハズレかしらんけど!それは誰が判断するんや?他人か?自分か?そんなんどうでもいいがいや!!関係ねぇやろ!しっかり考えて、しっかり動けばハズレなんか一切無し!!全部、大当たりやわいえ!!ああああぁぁぁぁぁぁ!!楽しすぎっぞいや!!ゾクゾクするわいえ!これやこれ!!この感じや!!久しぶりきたぞいやぁ!!これやから仕事は楽しいげんて!!さぁやっぞいや!!
[PR]



by babybread | 2012-08-28 15:45 | ル・シュクレクール

京都御茶所。

さぁ、桜田さんでお腹も心も満たされた二人は、久しぶりの河原町をぶらつき、錦市場を抜けて、さらにテクテク歩いて、次の目的地である京阪 七条駅へ向かうために、京阪の駅を探します。さぁ、ここでようやく気付いたんですが、京阪の河原町駅って何処?という事。でも、何かしらもってる二人ですので、勢いで鴨川渡れば見つかるかろ!的な感じで橋を渡ると、見事にありました。お京阪(笑)そして、しばし電車に揺られて七条に到着。そしてさらに気付きました。目的地って何処?こんな時に文明開化の素晴らしさに気付かされます。そうです!スマートフォンなるものが、この世には存在するんです!早速、目的地を検索して、あとはそれに従って進むのみです。画面の地図を友人に見せた所、「分かった。川を渡るんじゃ。」という事で、何の疑いも無く川を渡り、橋詰でもう一度地図を確認して、気付きます。「あ、橋渡らんでも良かったね。正反対やわ。」(笑)
まあ、そんなものです。という事で早い段階に軌道修正に成功した二人は順調に目的地へ到着しました。
七条 三十三間堂 「清水一芳園」
b0189926_15115471.jpg
b0189926_15121183.jpg

以前お店でも期間限定で販売させてもらってました。「シャンピン烏龍茶」でお馴染みのお茶屋さんです。今年の春に本店を大阪・福島から京都へと移されて、カフェスペースを設けて新たな一歩を踏み出されました。この日、息子さんはオープンから連続〇〇連勤を達成されて、その暁に夏休みを取られておりました。そこで出迎えて下さったのは清水社長。今回はアポ無しで伺ったんですが、一目顔を見るや「おお、鹿島君久しぶり!」と5年以上も会ってなかったにも関わらず、こういう接し方をして頂けると、非常に嬉しい限りです。
で、カウンターに座り、やはりシャンピンを頼もうとすると、社長から「世界一の玉露があるよ。」という一言から始まり、どれほど凄い玉露なのかという事を、事細かく説明して頂きましたので、路線変更で、「玉露」を頂くことにしました。あ、どういう玉露なのか気になる方は、是非直接、清水さんから聞いて下さい(笑)頼まざるを得なくなりますから(笑)
b0189926_15224079.jpg

こちらが世界の美食家・料理人を黙らした「玉露」です。
b0189926_15231257.jpg

お茶の淹れ方を簡単にレクチャーして頂いて、最後の一滴までしっかり絞り取ってから頂きます。
さぁ、心して頂きます。
二人とも絶句しました。二人とも出た言葉は全く同じ。「ええっ?何これ!お茶ですか!?」という声。恐らく初めて頂く人は100人中100人がこのリアクションになると思います。
それを見た社長が一言。「これがうちの玉露です。」あかん、惚れてまいます。
いやでもこの衝撃は、凄まじいですよ!お茶の概念を超えました。適切な表現では無いかも知れませんが、「昆布だし」よりも濃い旨味を感じました。
b0189926_15313775.jpg

こちらが奇跡の茶葉です。
b0189926_15321489.jpg

こちらは煎茶です。この時点でも、僕らが知ってる玉露より遥かに美味しいです。
b0189926_15332237.jpg

そして当初の目的だったシャンピンです。いやあ、やっぱり旨いです。先程の玉露が「豪」なら、こちらは「華」です。まったく印象が異なる風格に、メロメロです。
b0189926_15353218.jpg

茶菓子 抹茶砂糖に絡めた胡桃
こちらも半端なく美味しかったです。
b0189926_15362412.jpg

清水さんの言葉には、自信と確信が滲み出てました。やっぱり良い物は良いんですね。僕ら作り手はその両極端を体感しておく必要があるんだと実感させられました。先程の桜田さんもそうですが、お客さんの前に、注文されたからただ出すのではなく、出すまでのプロセスをしっかりと構築してから出す必要性。そしてお客さんに喜んで頂こうという根本的な思いが上手にリンクして、初めて人に感動という感情が芽生えるんだという事を実感させて頂きました。友人も非常に喜んでくれてた様なので心から良かったと思いました。
さぁお次は大阪に舞台を移して後半に続きます!
[PR]



by babybread | 2012-08-25 15:43 | 清水一芳園

再会。~やっぱり俺たち、もってます。の旅~ 

先日、頂きました夏休みを利用して、嫁の帰省も兼ねて関西へ行って参りました。そしてこの日は、専門学校時代の友人との再会も目的の一つでして、約2ヶ月前から連絡を取り合って、色んなプランを立ててまして、修学旅行に行くような、ワクワク・ドキドキした気持ちで非常に準備期間も楽しかったです。彼は広島で僕は輪島、なかなか簡単に会える距離じゃありませんので、最後に会ったのは彼の結婚式で広島に行った時ですから、4年前になりますね。彼は僕が大阪の専門学校で寮生活していてまして、同じ寮だんたんです。そこで最初に友達になったのが彼です。第一印象は「でかい。頭ボンバー。広島弁。」とまぁ。牛丼屋並みの三拍子揃った印象でした(笑)で、僕が彼に最初に教えた輪島弁が「いちゃけ」(笑)あ、分からない人はウェブで検索してみて下さい(笑)で、彼から教わった広島弁が「ぶちたいぎぃ。」こちらも分からない方はウェブでどうぞ(笑)
そんなこんなで、わずか一年間でしたが、何十年分もの濃厚な時間を共にしたので、未だに連絡を取り合っている関係です。その他に後4人の仲間がいて、いつも大体この6人で行動してました。とても楽しかったです。ちなみに4人が広島人で一人が鹿児島人、そして僕。なかなか強烈でした(笑)
そして一人はアパレル関係の会社を立ち上げて、副社長。(笑)一人はミュージシャンを諦めて、板前。(笑)一人は独立してパン屋。一人は独立して日本料理屋。で今回の彼は実家を継ぎ、日本料理の職人。という事で、業種は違えど同じ飲食関係という括りで、何か美味しいモノを食べて刺激を受けよう!という主旨のもと今回の再会になりました。
で、お昼は彼に任せて、言われるがままに着いて行きました。
広島を出る時にメールで、「ごめん。7分遅れます。」と入ってきたので、余裕ブッこいて待合せ場所の京都駅へ向かい、予定より早く着いたので、フラフラしようとした途端に彼から電話。「ごめん!着いた。」・・・。まさかの予定時間より13分前到着(笑)不意の攻撃に弱いパン屋は軽く動揺しながら、取り合えず広い京都駅で彼を探します。二人とも京都駅の地理がさっぱりなので、何となく歩けば近づくやろう、と歩き出して1分でターゲットを発見(笑)やっぱりもってます。
という事で、再会の握手を交わして、目的地へ。

京都らしい細い小路とキャリーバック。
b0189926_18523763.jpg

四条烏丸 「桜田」
b0189926_18551477.jpg

言わずと知れた老舗だそうです。彼も今回が2回目で約5年ぶりの訪問だそうです。
彼曰く「空気に呑まれなければ、大丈夫じゃけぇ。」出ました広島男児。

緊張気味に席へ通され、自家製梅酒でスタートです。
b0189926_18581881.jpg

とっても爽やかで、汗が一気に引いていきます。
そして、桜田劇場の幕開けです。
b0189926_185924100.jpg

籠を開けると、
b0189926_1903618.jpg

色とりどりの野菜と、出汁のジュレ。野菜も旨味が抜群で、このジュレが旨し!
そして、
b0189926_1921326.jpg

出ました!関西の夏と言えば、この方「鱧」でございます。開けた瞬間に柚子の香でクラッときました。梅肉との相性抜群で悩殺されました。

b0189926_193188.jpg

京都 伏見の冷酒
b0189926_19263461.jpg

キリッとしたあとに、爽やかな辛さが残ります。
b0189926_1929820.jpg

御造り こちらも美味しかったです。京都で魚を頂いて解る、輪島の魚の美味しさ。非常に恵まれた環境に感謝です!
b0189926_19274834.jpg

八寸
b0189926_19305684.jpg

詳しいことは分かりませんが、個々の仕事が丁寧だという事。銀杏が非常に印象に残る美味しさでした。
焼き物 鮎
b0189926_19323355.jpg

眼でも非常に楽しませてくれます。
b0189926_19345492.jpg

小さいので、頭から召し上がって下さい。という事ですので、素直に頭から頂きます。
あぁ、何も言えねぇ・・・・。旨しです。
b0189926_19364269.jpg

こちらのタレに漬けると、特有の苦味が和らげられて、また印象が変わります。
氷見そうめん
b0189926_19382983.jpg

近場に住んでいながら、初対面です。
b0189926_19374862.jpg

温泉卵入りのつゆで頂きます。
b0189926_19394937.jpg

アクセントで、ネギ・椎茸・トウモロコシの掻揚げ。この掻揚げビックラこく旨さでした!
b0189926_1941131.jpg
b0189926_19413448.jpg

焼茄子・蓮根団子・オクラにかかる、優しい餡かけ。
問答無用です。スプーンを頂いて、綺麗に頂きました。(笑)
b0189926_19434124.jpg

さあ、窯ちゃんの登場です。という事は、
b0189926_19443084.jpg

ですよね。と、きましたら。
b0189926_19452453.jpg

でしょ。
b0189926_1945542.jpg

赤だし。クラッときて思わず手振れです(笑)そして、駄目押しの、
b0189926_19471255.jpg

鱧の卵とじ。もはや反則ですよね。ご飯をおかわりして、思わず丼にさせて頂きました。おかわり君万歳!!
やっぱり日本人のDNAが組み込まれている我々、炊き立ての白ご飯に味噌汁、漬物が来た時の安心感。「お母さーーーーん!!」と叫びますよね!(実際は叫んでませんが。)
b0189926_19504175.jpg

果物 全て完熟です。流石ですね。
b0189926_19511328.jpg

デザート 一番下がほうじ茶のゼリー、真ん中が生クリームのプリン、最後に抹茶のソースの三部構成。
b0189926_1953875.jpg

あぁぁ、もうすぐ終わっちゃうんやなぁ。とセンチメンタルになりますよね。ここまで来たら。
「さよならしよ。」「いやや!!もう少し、もう少し一緒にいておくんなはれ!」「あかん!ワシも離れたない!せやけど、せやけど行かなあかんのや!」「あんたぁーー!ウチは、ずっと、ずっとまってるでぇ!あんたの帰りを待ってるでぇぇぇぇぇ!」
ていう感じです。そんな感じでシミジミしてましたら、
b0189926_19582383.jpg

〆の抹茶です。 少し渋めでキリッと別れ際を〆て下さいました。
あぁぁ、本当に美味しかったです。料理一つずつに友人が丁寧に説明してくれて、更に女将とのやり取りも非常に楽しく、空気に呑まれる事なく、非常に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
チャキチャキの女将さんに見送られながら、桜田劇場の幕は閉じました。

中盤に続く。
[PR]



by babybread | 2012-08-24 20:05 | 桜田

恋路ベーカリー

さあ、続いて先日8月5日に、恋路海岸「なかの洋菓子店」さんで開催されました。
題して、「恋路ベーカリー」輪島のパン屋が恋路にぃぃぃ!キターーーーーーーーーーーー!(古いですか?)です。
この企画は、日頃から中野シェフと「何か一緒にやりましょう!」といっていた事がようやく実現しました。今回は、珠洲方面や能登町方面の方々にベイビーブレッドを知って頂こうという事と、田舎でもこんな繋がりが出来るんだ!っていう事を知って体験して頂こうという主旨のもと開催されました。
ひよこ豆入りカレーパン
b0189926_18253859.jpg

ベーコンのフォカッチャ
b0189926_18255965.jpg

食パン
b0189926_18262185.jpg

トマト入りフォカッチャ
b0189926_18275469.jpg

クロックムッシュ
b0189926_18285475.jpg

パン・オ・ルヴァン
b0189926_18292734.jpg

穀物パン
b0189926_18304066.jpg

チャバッタ
b0189926_18312356.jpg

黒豆ぱん
b0189926_1832639.jpg

メロンパン
b0189926_18323414.jpg

個人的に好きな光景(笑)
b0189926_18331122.jpg

最初はアイテム数をかなり絞る予定でしたが、なんやかんやしている間に、やっぱり増えちゃいました(笑)やっぱりイベントは楽しんでナンボでしょ!!
という事で開店ギリギリに、現場入りのパン屋です。
b0189926_18365289.jpg
b0189926_1837776.jpg

ヒーローは遅れて登場!!と言いながら、必死こいて開店準備です(笑)
b0189926_18384164.jpg

なんとか間に合った図です(笑)
そして開店から昼過ぎまで、途切れなくお客さんが来られてテンヤワンヤで肝心のお客さんが入った図を撮る事が出来ませんでした。本当に沢山の方々にご来店頂いて、嬉しい限りです!中には「ずっと楽しみにしとったよ!」というお声を頂いて、寝ずに焼いた甲斐がありました(笑)眠気も疲労感も有難いお声と、沢山の笑い顔で吹き飛びましたし、パワーを頂きました!
この企画、実現できて本当に良かったです。
多忙の中、色んな方々に声を掛けて頂いた中野シェフ、スタッフの方々、身重の奥さんが手懸けた心の詰まった、自家製のイベント告知ポスター。その呼びかけに応えて下さった沢山の方々に、ベイビーブレッド一同感謝の心で一杯です。本当にありがとうございました!!シェフ!!またやりましょうね!!
b0189926_18474754.jpg
b0189926_18482026.jpg

片づけを終えると日が沈みかけた、綺麗な恋路海岸が広がってました。
[PR]



by babybread | 2012-08-22 18:49 | イベント

今から、これから、少しづつ、新たな足跡を。

ここ最近、バタバタしてましてアップしていない記事が溜まってきておりまして、そろそろ書き出さないと季節感が無くなってしまうんじゃ無いかなぁって、焦り始めた今日この頃です。
ちなみに今回は、梅雨前のお話です(笑)
今年の始め頃から、ひょんな事で知り合った職人さんなんですが、地元は輪島で、9年間大阪市内の割烹料理屋で仕事をされていて、事情で去年の暮れに実家に戻り新たな一歩を踏み出されたそうです。よくよく伺えば、僕と同い年で奥さんは大阪出身だそうです。なんとなく親近感が湧きますよね。そしてパン屋にもよく来て頂いて、イベントなどで御一緒したりという関係が続いております。「今度、食べに行きますね!」と言ってから半年近くかかってしまいましたが(笑)社交辞令は嫌いですので、エライ時間差をかけてようやく伺えました。

場所は輪島市町野町 「日本料理 冨成」

b0189926_17571990.jpg

ハンドルキーパーですのでノンアルコールビールでスタートです。
b0189926_1758552.jpg

お造り
梅雨前の蒸し暑さも、氷の器で和らぎます。鮮度も抜群です。
b0189926_17594512.jpg

自家製野菜と蒸し海老 アンチョビソース
野菜の力強い旨味と自家製のソースの相性が抜群です。このソースにはニンニクは使ってないようですが、とっても力強いソースでした。
b0189926_1824690.jpg
b0189926_183185.jpg

揚げ物 墨塩をつけて頂きます。冨成さんの揚げ物、相当旨いですよ!邪道かもしれませんが天丼で頂きたいです。(笑)マイワイフが大阪出身という事で紅生姜の天麩羅をして下さいました。この心使い、惚れてまうやん(笑)
b0189926_1854769.jpg

獅子唐 もずく酢 小魚の南蛮漬け
酢の酸味と出汁のコクが良い塩梅です。湿気を払いさってくれます。
b0189926_189175.jpg

〆のうどん
おもむろに蓋を開けると。
b0189926_18102041.jpg

!?黒っ!!これイカ墨ですか?という誰もが抱く疑問だと思いますが、こちらイカ墨ではなく、特殊な製法で作られる黒うどんというものらしいです。初めて頂きました!どちらかというとコシの強い蕎麦のような食感でした。冨成さんのところでは昔からずっと出されているようです。
見た目とは裏腹に、優しい中にも強さがある出汁と生姜が非常に好印象でした。

この冨成さんは基本的には仕出し料理がメインだそうです。その流れを、冨成君が少しづつ変えて行きたいと行ってました。目標は若い人が一人でも入り易いような割烹料理のお店をしたいそうです。でも色んな事情ですぐには出来ないけど、ゆっくりゆっくり、しっかりとやって行きたい。と語ってました。業種は違えど近くに刺激を頂ける同世代がいるという環境に感謝して、今後も切磋琢磨しあえる関係でいれたらなぁっと切に願いながら帰途に着きました。ご馳走様でした!
[PR]



by babybread | 2012-08-22 18:18 | 日本料理 冨成

大変遅くなりまして、申し訳ありません!!

言い訳は一切致しません!!告知するの忘れてました!!!
夏休みの御案内です。
8月19日(日)~8月22日(水)までお休みを頂きます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
[PR]



by babybread | 2012-08-17 19:32 | お知らせ

想いを具体的にカタチで現すという事。

昨日、サクサクっとご紹介致しました。「タルト・フランボワーズ」ですが、早速本日より販売開始しまして、沢山のリアクションを頂きまして本当にありがとうございました!僕の想像以上にこのブログを見られている方が沢山おられるようで、「何の事か、さっぱり分からんけど取り合えず食べてみるわ!」的な(笑)コメントを沢山頂きました。
そうなんです!そういう事なんです!!所詮、僕がどんなに「フランスに憧れているんです!僕の中のイメージはね!」って言おうが、お客さんには全く分からない世界なんですよね(笑)簡単に言えば自己満足です。どんなにブログ上で「あぁだ、こぉだ。」言ったってその辺は百聞は一食にしかず。なんですよね。「意味分からんけど、パン屋が何かピーチクパーチク言ってたから取り合えず食べてみるわ。」っていうリアクションを起こして頂いてから、ようやく事が動き始めるんです。
どんな職業もそうでしょうが、送信側から10のアクションを起こして、受信側が1のアクションを起こして下さるんです。それを10もしてないのに、「何も分かっちゃいない。周りが着いて来ない。こんな田舎じゃだめなんだ。」って言い訳する方がおられます。もちろん受信側も「あれ?これはどういう事なんだろう?」という疑問から対話して、見て・触れて・感じてから解釈して頂く。というアクションも必要不可欠になってくるわけで、要は自分の「物差し」だけで判断してしまわない事が重要なんだと思います。そのためにはまず、送信側が見返りを求めず、立ち止まってくれるまで送り続けなくちゃ何も始まりません。それでも立ち止まってくれなければ、努力が足らないんでしょう。何事も諦めちゃ駄目ですね。やりゃあ必ず出来るんです何でもね。リアルタイムなところで言うと、オリンピックがそれを証明してくれてますよね。

予定通り話がだいぶ反れてきましたね(笑)
今回のタルトは、僕が業界に入って3年目の時に、「フランス」という物を痛烈に意識させられた雑誌の1コマがありました。「boulangerier patissier」という光景の中にあった1コマ。それが「タルト・フランボワーズ」でした。数年前に輪島でヒッチハイカーを拾って金沢まで乗せた事がありました。彼はパリ生まれのパリ育ち。当時はフランスの学校に通っていて、日本語の勉強でヒッチハイクをしながら日本を旅しているという事でした。その彼との話のなかで、「毎朝、お気に入りのboulangeier でパン・オ・ショコラを買って食べるんだ。リフレッシュしたい時はタルト フランボワーズを買って、公園のベンチでゆっくり過ごすんだ。」って言ってました。それぐらい日常的なタルトなんだという事が伝わりました。あ、彼は日本語がペラペーラでしたので、全部日本語で話してくれてましたよ(笑)メルシー(笑)
「でも不思議と日本ではこのタルトはあまり見かけないね?君のお店にはあるの?パリでは必ずあるよ。」って言われたこの時からベイビーのショーケースに並べたいと強く思い始めました。でも物事には順序があって、いきなりタルトをジャーン!って登場させても意味が無いと思いました。だから先ほどの話じゃないですが、まず送信者が10のアクションをお越し続けなければいけないんです。だから、当時輪島にはあまり見かけない、固いパンや、クロワッサン、ショソンや、ケーキでは無くタルトを少しづつ出さして頂いて、体験して頂きました。そしてイタリア料理のお店や、洋菓子店、それにbar。異文化の日常という環境に触れて頂く機会が少しづつ増えてきて、ベイビーブレッドというお店が少しづつ理解して頂ける様になった「今」、沢山の条件が揃い始めて来た「今」ようやくショーケースに並べて、すぐに受信者の方から沢山のリアクションが頂けました。5年かかりました。遅かったのか早かったのかは分かりませんが、素直に「嬉しい」です。このタルトがショーケースに並んでいる光景が見れて、また見て頂けて素直に嬉しいです。

長々と書いてしまいましたが、何の変哲も無い木苺を飾ったタルトです。涼しい部屋で召し上がる寄りも、風通しの良い木陰で、常温に戻したタルトを召し上がって頂ければ幸いです。
b0189926_19465558.jpg

[PR]



by babybread | 2012-08-07 19:51 | 新商品

取り急ぎ、ご報告とお礼をさせて頂きます!

昨日、恋路「なかの洋菓子店」さんで行われました、「恋路ベーカリー」ですが、本当に暑い中、本当に沢山の方々にご来店頂きまして、誠にありがとうございました!
お陰様で大変、有意義な時間を過ごす事が出来ました事を、この場をお借りしてお礼申し上げます!この風景の記事は後日アップさせて頂きますので、しばしお待ちください!

そして、約2週間の販売期間でしたが「レアクリームチーズタルト」ですが先週を持ちまして終売となりました。そして明日からですが、「タルト・フランボワーズ」が登場します。このタルトは僕が抱く「フランス」への憧れを具体化致しました。パート・シュクレにクレーム・ダマンド・フランボワーズのコンフィチュール・フランボワーズという至ってシンプルな構成ですが、お店に並べるのに僕の中では非常に勇気が必要なタルトでした。今回ようやく様々な条件が揃って、「今なら出せる」という確信のもとでの登場になります!といっても毎日出せるかは八百屋さんがもってくるフランボワーズの状態次第ですので、恐らく毎日は出せないと思います。見かけた時は是非一度御賞味下さい!今週はもしかしたら、木曜日ぐらいまでしか出せないかもしれません・・・・。

いつも以上にレアアイテムですが、宜しくお願いします!!
[PR]



by babybread | 2012-08-06 18:42 | ベイビーブレッド

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る

カテゴリ

全体
新商品
ベイビーブレッド
エリタージュ
ピッツェリア サリーナ
ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ
お知らせ
パティスリィーカカオテ
龍苑
能登ワイン
おまかせ
ボジョレ・ヌーボー
ブルディガラ
ガレット デ ロワ
バレンタイン10
谷川醸造
パティスリー ラ・ナチュール
ル・マルス
なかの洋菓子店
茶菓工房 たろう
たまには・・・。
旬彩処 菊新
なんやかんや。
黒毛和牛 べこ
ケ・モンテベロ
ブロードハースト
ラヴィルリエ
サンニコラ
アヴァンセ
独り言
コンフィチュール
イベント
龍泉
日本海倶楽部
le noeud papillon
エコールキュリネール大阪
そば切り 蔦屋
orizzonte
名古屋旅行記
日本料理 冨成
桜田
清水一芳園
エチョラ
かしえの日記
バレンタイン2013
Heart Bread Project
セイズ ファーム
ル・シュクレクール
ラ・リサータ
七八
LE SINGE
黒猫
俺のフレンチ イタリアン
ステファン パンテル
アシッドラシーヌ
モナミ
ステファン パンテル
ラトリエ ドゥ ノト
ラトリエ ドゥ ノト
未分類