輪島のぱんバカ日誌

ハナヒラク

天気が良い輪島です。風が強く吹いていますが、気温も上がり気持ちの良い日になりました。
店の前に咲いている ノトキリシマツツジが満開に咲き誇っています。
7年間、毎日読み続けている本に「植物は何故に、様々に綺麗な色を付けるのか?それは見るもの全てを喜ばす為であり、長い月日をかけて開花の準備をして、ようやく鮮やかに咲いたかと思えば、あっという間に散っていく。植物は、即ち生命はその一瞬の為に全てをかけている。青色の種は青色の花を 黄色の種は黄色の花を 赤色の種は赤色の花を 白色の種は白色の花を必ず咲かす。他と比べるのでは無く、自分に出来る事を精一杯全うする。そうして自ら徳積みをして、後世に目に見えないものを残して去っていく。その道理に気付いて動く人を世の指導者と言う。」と書かれてました。諸行無常を気付かされます。
花を見て綺麗なやなぁって、思える年齢になってきました。
そんなツツジに負けない様な、色鮮やかなパンが焼き上がりました。
この時間に更新できるという事は、本日店がどの様な状況なのか、お察し頂ければ幸いです笑
皆様のご来店お待ちしております^_^
b0189926_11415528.jpg


[PR]



by babybread | 2016-04-23 11:41

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る