輪島のぱんバカ日誌

カテゴリ:なかの洋菓子店( 2 )




ゆったぁり、まったぁり。

こちらも先日、期間限定のカフェをオープンした、『なかの洋菓子店』さんに伺ってきました。
現店舗の隣のスペースを改装してのオープンです。カフェ担当は、マダムです。店内はゆたぁり、まったぁり出来る「ほっこり」とした雰囲気です。店内の写真はあえて撮りませんでした。だって、まだ行かれてない方の楽しみが無くなっちゃうでしょ。それでいつもの店内も模様替えされていました。それでこの日は、カフェでイートインさせて頂きました。
b0189926_19112812.jpg

九州から取り寄せた珈琲豆のコーヒーを冷コーで頂きます。すごい甘味のある味わいでした。
珈琲の他にも、和紅茶(平日限定)・チャイ・パッションフルーツのジュース(これ非常に好き)などがあります。
b0189926_19154158.jpg

グレープフルーツのタルト
個人的な意見ですが、中野シェフのタルトは僕の直球ど真ん中ストライクです。パートシュクレもクレームダマンドも非常に好きです。(嫁はクレーム・シャンティイがお気に入りです。)中野シェフは、「普通ですよ。」とおっしゃいますが、僕にとってはシュクレもダマンドも売って欲しいくらいです。(笑)基本的な作業を丁寧にされている証拠だと思います。個人的には、果物を華やかに飾ったガトーよりも、素朴な焼き菓子が好きなので、丁寧な仕事が伺えるお菓子をみると嬉しくなります。何でもそうでしょうが、人柄ですね。今回のカフェにしてもマダムの人柄が非常に感じられる店内でしたよ。ついつい長居してしまいました。何度も繰り返しますが、ゆったぁり、まったぁり、ほっこりできる空間です。都会のような忙しさは全くなく、目の前が海というロケーションもあって、癒されます。期間限定ですので、ほっこりされたい方は、ゆったぁり、まったぁりと車を走らせて行ってみて下さい!!
b0189926_19293990.jpg

「なかの洋菓子店」で個人的に一番好きな景色です。
[PR]



by babybread | 2011-08-08 19:31 | なかの洋菓子店

恋路の甘い誘惑

先日、お店にお客様が来られて、『○○さんの、紹介できました。』(○○さんについては、後日ご紹介します。)と一言、話の中でその方が洋菓子屋さんだと言うことが分かり、今度是非伺います!と約束をしてから、バタバタと2週間が過ぎてしまい、ようやく昨日伺ったんです。基本的に社交辞令が好みではないので、行くと行ったからには、何としてでも行く!日本男児な兄ちゃんです。無理矢理仕込みを急ピッチで片付け、いざお店へ!話の中で『かなり分かりにくい場所にあるので、気を付けて来て下さい。』と言っておられたのですが、私、方向感覚には自信があるんです。行ったことのない土地ですが、行けるやろ!的なノリで車を走らせました。輪島から走ること約40分、目的地の看板も見えてきて、『もうすぐやな!』と思い期待で胸も高鳴ります!市街地へ入り、ゆっくりとお店を探しながら車を、走らせます。・・・・・・・・・。『無い。』ここへ来て、電話番号も住所も聞いていない事にようやく気づき、不安な気持ちが押し寄せてきます。脳裏によぎったのが、行く前に谷川醸造さんからアドバイスを受けていた、『本当に、ここ入るんかなぁっていう所を右に入るんです。』を思い出します。『そうやった!右折や!』と、知ってますよオーラを漂わせながら、それらしき箇所を右折。・・・・・。『はい、迷子です。』(笑)自分が能登半島のどの部分にいるのかすら見失いました。たまらず、商店街を歩くおばちゃんに尋ねて、場所を教えてもらい、更にもう一度迷い(笑)ようやく到着。
b0189926_1811575.jpg

b0189926_1812365.jpg

恋路海岸 私、初登場です。この大海原を眺めていると『日本の夜明けぜよ!』た叫ばずにはいられないロケーションですが、今回も一人なので心の中で叫びました。(笑)さあ、そんな絶景の目の前にあるのが、今回の目的地。
b0189926_18154575.jpg

『なかの洋菓子店』さんです。パッと見て、ここが洋菓子屋さんだなんて想像できないです!そんな外見とは裏腹に内装は、れっきとした洋菓子店です。このギャップが一気に不思議な空間へと誘われます。この雰囲気は言葉では言い現せれないので、ぜひ行ってみて下さい!お洒落な冷蔵ケースに並べられた華やかなプチガトー、隣には、焼き菓子も並んでいます。店内には、県内外から送られてきた、感謝の言葉が綴られている手紙や写真がたくさんあります。常連のお客様とのやりとりも、非常に心地よくて、地元に愛されているんやなぁって感じがします。シェフの中野さんも自ら接客をこなして、お客様としっかり会話されています。本当に良い空間です。忙しいなかでも、しっかりとお話をしてくださり、非常に有難かったです。迷ってきた甲斐がありました!(笑)今回のご縁も一人の方からの紹介で実ったご縁です。本当に有難いです。その方のご紹介は改めてさせて頂きます。こういった田舎で仕事をしていると、なかなか横の繋がりが結びにくいのでこういう機械は非常に嬉しいです。今回の出逢いを大切にして今後にしっかりと繋がるように努力したいです。
中野さんのプチガトーです。
b0189926_18322061.jpg
b0189926_18324465.jpg
b0189926_1834390.jpg
b0189926_1835215.jpg
b0189926_18352950.jpg
b0189926_18425321.jpg

b0189926_18422184.jpg

どれを頂いても素晴らしいです。外見もそうですが、素材のアクセントが非常に素晴らしいです。全体的に非常に優しい甘さの仕上がりですが、ガトー、一つ一つのテーマと伝えたいことが非常に良く伝わります。このガトーは何を主張したいのかが明確に表現されています。このクオリティをこの場所で保たれていることが非常に感動です。どれをとっても唯一無二です。中野さんのお人柄がハッキリ伝わるガトーでした。めっちゃくちゃ刺激になりました。洋菓子店と看板を上げられていますが、しっかりとしたパティスリーの仕事です。また今後も訪ね続けたいお店が一つ増えました。ベイビーも頑張らねば!
[PR]



by babybread | 2010-04-25 18:52 | なかの洋菓子店

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る