輪島のぱんバカ日誌

カテゴリ:桜田( 1 )




再会。~やっぱり俺たち、もってます。の旅~ 

先日、頂きました夏休みを利用して、嫁の帰省も兼ねて関西へ行って参りました。そしてこの日は、専門学校時代の友人との再会も目的の一つでして、約2ヶ月前から連絡を取り合って、色んなプランを立ててまして、修学旅行に行くような、ワクワク・ドキドキした気持ちで非常に準備期間も楽しかったです。彼は広島で僕は輪島、なかなか簡単に会える距離じゃありませんので、最後に会ったのは彼の結婚式で広島に行った時ですから、4年前になりますね。彼は僕が大阪の専門学校で寮生活していてまして、同じ寮だんたんです。そこで最初に友達になったのが彼です。第一印象は「でかい。頭ボンバー。広島弁。」とまぁ。牛丼屋並みの三拍子揃った印象でした(笑)で、僕が彼に最初に教えた輪島弁が「いちゃけ」(笑)あ、分からない人はウェブで検索してみて下さい(笑)で、彼から教わった広島弁が「ぶちたいぎぃ。」こちらも分からない方はウェブでどうぞ(笑)
そんなこんなで、わずか一年間でしたが、何十年分もの濃厚な時間を共にしたので、未だに連絡を取り合っている関係です。その他に後4人の仲間がいて、いつも大体この6人で行動してました。とても楽しかったです。ちなみに4人が広島人で一人が鹿児島人、そして僕。なかなか強烈でした(笑)
そして一人はアパレル関係の会社を立ち上げて、副社長。(笑)一人はミュージシャンを諦めて、板前。(笑)一人は独立してパン屋。一人は独立して日本料理屋。で今回の彼は実家を継ぎ、日本料理の職人。という事で、業種は違えど同じ飲食関係という括りで、何か美味しいモノを食べて刺激を受けよう!という主旨のもと今回の再会になりました。
で、お昼は彼に任せて、言われるがままに着いて行きました。
広島を出る時にメールで、「ごめん。7分遅れます。」と入ってきたので、余裕ブッこいて待合せ場所の京都駅へ向かい、予定より早く着いたので、フラフラしようとした途端に彼から電話。「ごめん!着いた。」・・・。まさかの予定時間より13分前到着(笑)不意の攻撃に弱いパン屋は軽く動揺しながら、取り合えず広い京都駅で彼を探します。二人とも京都駅の地理がさっぱりなので、何となく歩けば近づくやろう、と歩き出して1分でターゲットを発見(笑)やっぱりもってます。
という事で、再会の握手を交わして、目的地へ。

京都らしい細い小路とキャリーバック。
b0189926_18523763.jpg

四条烏丸 「桜田」
b0189926_18551477.jpg

言わずと知れた老舗だそうです。彼も今回が2回目で約5年ぶりの訪問だそうです。
彼曰く「空気に呑まれなければ、大丈夫じゃけぇ。」出ました広島男児。

緊張気味に席へ通され、自家製梅酒でスタートです。
b0189926_18581881.jpg

とっても爽やかで、汗が一気に引いていきます。
そして、桜田劇場の幕開けです。
b0189926_185924100.jpg

籠を開けると、
b0189926_1903618.jpg

色とりどりの野菜と、出汁のジュレ。野菜も旨味が抜群で、このジュレが旨し!
そして、
b0189926_1921326.jpg

出ました!関西の夏と言えば、この方「鱧」でございます。開けた瞬間に柚子の香でクラッときました。梅肉との相性抜群で悩殺されました。

b0189926_193188.jpg

京都 伏見の冷酒
b0189926_19263461.jpg

キリッとしたあとに、爽やかな辛さが残ります。
b0189926_1929820.jpg

御造り こちらも美味しかったです。京都で魚を頂いて解る、輪島の魚の美味しさ。非常に恵まれた環境に感謝です!
b0189926_19274834.jpg

八寸
b0189926_19305684.jpg

詳しいことは分かりませんが、個々の仕事が丁寧だという事。銀杏が非常に印象に残る美味しさでした。
焼き物 鮎
b0189926_19323355.jpg

眼でも非常に楽しませてくれます。
b0189926_19345492.jpg

小さいので、頭から召し上がって下さい。という事ですので、素直に頭から頂きます。
あぁ、何も言えねぇ・・・・。旨しです。
b0189926_19364269.jpg

こちらのタレに漬けると、特有の苦味が和らげられて、また印象が変わります。
氷見そうめん
b0189926_19382983.jpg

近場に住んでいながら、初対面です。
b0189926_19374862.jpg

温泉卵入りのつゆで頂きます。
b0189926_19394937.jpg

アクセントで、ネギ・椎茸・トウモロコシの掻揚げ。この掻揚げビックラこく旨さでした!
b0189926_1941131.jpg
b0189926_19413448.jpg

焼茄子・蓮根団子・オクラにかかる、優しい餡かけ。
問答無用です。スプーンを頂いて、綺麗に頂きました。(笑)
b0189926_19434124.jpg

さあ、窯ちゃんの登場です。という事は、
b0189926_19443084.jpg

ですよね。と、きましたら。
b0189926_19452453.jpg

でしょ。
b0189926_1945542.jpg

赤だし。クラッときて思わず手振れです(笑)そして、駄目押しの、
b0189926_19471255.jpg

鱧の卵とじ。もはや反則ですよね。ご飯をおかわりして、思わず丼にさせて頂きました。おかわり君万歳!!
やっぱり日本人のDNAが組み込まれている我々、炊き立ての白ご飯に味噌汁、漬物が来た時の安心感。「お母さーーーーん!!」と叫びますよね!(実際は叫んでませんが。)
b0189926_19504175.jpg

果物 全て完熟です。流石ですね。
b0189926_19511328.jpg

デザート 一番下がほうじ茶のゼリー、真ん中が生クリームのプリン、最後に抹茶のソースの三部構成。
b0189926_1953875.jpg

あぁぁ、もうすぐ終わっちゃうんやなぁ。とセンチメンタルになりますよね。ここまで来たら。
「さよならしよ。」「いやや!!もう少し、もう少し一緒にいておくんなはれ!」「あかん!ワシも離れたない!せやけど、せやけど行かなあかんのや!」「あんたぁーー!ウチは、ずっと、ずっとまってるでぇ!あんたの帰りを待ってるでぇぇぇぇぇ!」
ていう感じです。そんな感じでシミジミしてましたら、
b0189926_19582383.jpg

〆の抹茶です。 少し渋めでキリッと別れ際を〆て下さいました。
あぁぁ、本当に美味しかったです。料理一つずつに友人が丁寧に説明してくれて、更に女将とのやり取りも非常に楽しく、空気に呑まれる事なく、非常に楽しい時間を過ごさせて頂きました。
チャキチャキの女将さんに見送られながら、桜田劇場の幕は閉じました。

中盤に続く。
[PR]



by babybread | 2012-08-24 20:05 | 桜田

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る