輪島のぱんバカ日誌

カテゴリ:アシッドラシーヌ( 1 )




修学旅行 其の六

お次は難波から、さらに地下鉄を乗り継いで向かった先は
天満橋 『アシッドラシーヌ』
b0189926_1531586.jpg

こちらのお店は、カフェスペースがありませんので、ホテルに持ち帰って頂きました。
次男曰く『空腹時に何を食べても、旨いと感じるんです。空腹は最大の調味料とも言われますから。満腹時に食べて旨いと感じれば、本当に美味しんですよ。』
この助言で救われました。『まだやれる!』って(笑)
ルッス フォイユ
シェフのフランスでの思い出が詰まったお菓子だそうです。こういうの大好きです。
b0189926_15313135.jpg

サバティック 
後ろに写っている雑誌のタイトルは、怪しいものでは御座いませんので悪しからず(笑)
b0189926_15315619.jpg

オリエントエクスプレス
b0189926_15321640.jpg

サントノレ キャラメル バナーヌ
キャラメルの苦みとバナナの甘みが絶妙です!
b0189926_1532426.jpg

カヌレ・ボルドー
シルエットが美しいです。
b0189926_1533699.jpg


お菓子もお店も、接客も本当に品がありました。写真には写ってませんが焼き菓子も週種類頂きましたが、本当に上品でした。
勿論、パン屋とパティスリーという違いはあれど、自分たちが作ったものを良い状態で提供し、良い状態で食べてもらうという事に、関しては共通しているんです。そして、何を提供したいのかを明確に伝えるのと、それを正しく知ろうとする努力。そして実際に体感する行動力。これらが成立して初めて『良かった』と言えるんじゃないでしょうか。これだけネットでたくさんの情報が錯乱している中で、人の意見に惑わされず正しく物事を判断する時代になっていく事を願ってます。
お腹がいっぱいでも、美味しく頂けました。ご馳走様でした。
[PR]



by babybread | 2014-07-06 16:00 | アシッドラシーヌ

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る