輪島のぱんバカ日誌

カテゴリ:パティスリィーカカオテ( 1 )




chocolaterie patisserie cacaote

さあ、久しぶりの更新です!今週は何だかバタバタとしていて嵐の様な1週間でした。ようやく一段落したら何だか急に甘い物が恋しくなり、私用を兼ねて金沢へ!用事が済んだのは夕方になり、昼食も取って無かったので空腹が限界でした。本来なら、勝負の早い「吉野家」で特盛り!汁だくで!!と行きたいところでしたが、口が糖分を欲しがっていたので、誘惑を断ち切って目的地へ!向かった先は・・・
b0189926_14163144.jpg

金沢市示野町 「ショコラトリー・パティスリー・カカオテ」さん
こちらのシェフは、フランスのチョコレートメーカー「ヴァローナ社」で専属パティシエをされていて、2年前に金沢で開業したそうです。店内にはイートインのスペースもありましたので今回は、店内で食べさせて頂きました。
b0189926_1484793.jpg

「クレープ・シュゼット」 歯切れの良い熱々のクレープに生クリーム・カスタードクリーム・オレンジ・オレンジリキュールが包まれています。上品なあまさのクリームとオレンジの酸味、香りが見事です。クレープ万歳です!
b0189926_1491141.jpg

「ピュイ・ダムール」 フランスの伝統的なお菓子です。しっかり焼き込んだパイ生地に、木イチゴのジャムを詰め、上から少し酸味のある濃厚なクリームを流し、表面をキャラメリゼしています。こちらも上品な甘さのクリームと木イチゴのジャムが絶妙です。このピュイ・ダムールにはシェフが特別な思い入れがあるそうで、職人として歩み出すきっかけのケーキと言っても過言では無いようです。そういう事ならなおさら食さねばなりませぬ!
b0189926_1493461.jpg
b0189926_14950100.jpg
b0189926_14101157.jpg

店内を見ても、あちらこちらに漂うフランス。とても良い空間です。何ていうか、シェフの思いや店の方向性がはっきりとしていて良いですね!並んでいるケーキや焼き菓子も基本を忠実に守って作られています。味付けも優しく仕上げられていますし、シェフの思いが出てます。その中でもとくに目を引くのが入ってすぐディスプレーされている。ショコラ達です。最近日本でもショコラトリーやショコラティエなどという言葉を良く耳にするようになりましたが、簡単にいうとチョコレート専門店です。一口サイズのチョコレート宝石の様にショーケース内にディスプレーされています。とっても綺麗で繊細なデザインです。商品と言うより作品です。こういう繊細な仕事を目の当たりにすると、感動します。僕もまだまだ頑張らねば!という気持ちのなります。売上がどうのこうのというより、もっと大切な事があります。信念を持った仕事とその店の方向性がはっきりとお客様に伝わるような商品を作るということを、心がけていかないと!と思いました。ベイビーブレッドも頑張ります!!
ということで、スイーツの追加で・・・
b0189926_1412140.jpg

「紅玉たっぷりのアップルパイ」 シンプル・ザ・ベスト!リンゴとパイのみです。紅玉の酸味とサクサクのパイが最高のコンビネーションです!大満足です!甘~いスイーツで身も心も癒され刺激されました!さあっ!もうすぐ10月も終わりです!気合い入れて11月を迎えますよ!!

b0189926_14121520.jpg

[PR]



by babybread | 2009-10-26 14:59 | パティスリィーカカオテ

石川県輪島市の小さなパン屋が日々感じる事をお届けします。
by babybread
プロフィールを見る
更新通知を受け取る